転売を阻止し継続率を上げる
テレワーク型サポートセンター。

ASS(オートメーションサポートシステム)は通常のコールセンターとは異なります。
転売を阻止し、継続率を上げ、毎月のコールセンター費用を削減する、
最新のサポートセンターを構築いたします。

月間コストシミュレーション

現在のコールセンターとASSのコストを比較して見てください。


ASSでかかる費用は、
毎月です。
今のコールセンターコストと
比べてみてください。

転売を阻止し継続率を上げ、
毎月のコールセンター費用を削減する、
最新のサポートセンターを提案いたします。

無料相談する    
先週だけで27社が無料相談をしました
お急ぎください!今月のお申し込みは残り39社様です!

転売ヤーを抑止できる
ASSの解約フローでは、商品購入者のLINEの
アカウントが必要になります。
LINEは携帯1台につき1アカウントしか作成できません。
1名で複数商品を購入することを
物理的に不可能にします。
転売ヤーを抑止できる
ASSの解約フローでは、商品購入者のLINEの
アカウントが必要になります。
LINEは携帯1台につき1アカウントしか作成できません。
1名で複数商品を購入することを
物理的に不可能にします。

継続率を上げられる
今のコールセンターで解約を阻止できていますか?
ASSの解約フォームは既存の解約フローとは
全く異なります。ぜひ実感してみてください。

継続率を上げられる

今のコールセンターで解約を阻止できていますか?
ASSの解約フォームは既存の解約フローとは
全く異なります。ぜひ実感してみてください。


毎月のコスト90%ダウンが
可能
月間1万件の問い合わせも、たった1名で対応可
能です。さらにテレワークにてサポートが可能
なので自宅、出張先、旅行先など好きなところで
カスタマーサービスが対応できます。

毎月のコスト90%ダウンが可能

月間1万件の問い合わせも、たった1名で対応可
能です。さらにテレワークにてサポートが可能
なので自宅、出張先、旅行先など好きなところで
カスタマーサービスが対応できます。





ASSとは?

ASS(オートメーションサポートセンター)とは、電話、SMS(ショートメール)、LINEを活用し、たった1人で月間1万件のサポート体制を可能にした、まったく新しい「テレワーク型 ※1 サポートセンター」の事です。

※1:テレワークとは
テレワークとは、勤労形態の一種で、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働く形態を言います。「tele = 離れた所」と「work = 働く」をあわせた造語になります。

ASSの仕組み

導線をしっかり確認したい方はお気軽にご相談ください。

無料相談する    
先週だけで27社が無料相談をしました
お急ぎください!

今月のお申し込みは残り39社様です!

ASSが解決してくれること
  • 転売ヤーを排除できます。
  • 継続率を上げるサポートセンターを構築いたします。
  • すべてテレワークでサポートセンターを構築いたします。
  • お客様からNPS ※2 を取得しあなたのマーケティングを加速させます。
  • 新人オペレーターの教育時間がなくなります。
  • 外注コールセンターへの指示だし、改善要求の時間がなくなります。

※2:NPSとは
https://www.nttcoms.com/service/nps/summary/

ASSが提供する未来

2020年現在、多くの会社がテレワークの方法を模索しています。私たちはテレワークによる全く新しい通販のカスタマーサポートを提供します。

コールセンターをなくし、すべてをLINEによるリモートサポートに切り替えるのは気が遠くなり、さらには顧客満足度を下げてしまうと思ってるかもしれません。

しかし私たちはe-LINK(ASSの基幹になるサービス)にて約300社の通販企業を見ています。そしてあなたのお客様が(商品の購入者)何を求めているかを知っています。

お客様の満足度を上げ、継続率が伸び、毎月のコストを削減する未来を提供します。

一足先にASSに切り替えたお客様から
多くの喜びの声を頂いております。

自分の好きな時間に顧客対応が出来てとっても便利ですね!」

Y社 運用担当 K様


お客様の声がすべてデータに残るので新しいカスタマーサクセスを
考える時間が捻出できるようになりました。」

T社 カスタマーセンターSV N様


「タスク管理でお客様のレスポンスの漏れがなくなりました!

C社 O様


コスト削減により、お客様に販促物を提供できるようになりました!」

N社 代表取締役 I様


「電話がつながらないという商品者センターからの指摘がなくなりました!

P社 カスタマーセンター部長 W様

「お客様の声をリアルタイムでテキストで見れるようになりました!」

C社 代表取締役 O様

ささいな質問でも
お気軽に相談してください。

無料相談する 
先週だけで27社が無料相談をしました
お急ぎください!

今月のお申し込みは残り39社様です!

プライス
導入までの流れ

複雑なシナリオ作成から設置まですべて弊社にて行います。

お客様は弊社の作るシナリオの確認作業をするだけです。

最短20日で今のコールセンターの概念がすべて代わります。そして、社長、担当者の新しい時間が創出できます。

導入までの流れ

サポート体制

私たちは「満足をお約束」いたします。スピーディーなレスポンス、分かりやすい説明、3つの窓口で御社の利益を上げるためにサポートを行います。

お客様専用のチャットワークを解説します。運用担当者様、責任者様など何名様でも追加可能です。


初期設定が終わりましたら煩わしい設定などありませんが、ご担当者様がASSをストレスなく運用できるようお電話にて使用方法を的確にご説明いたします。


顔を見て説明を受けたい、画面を共有して説明を受けたいという方の為にZOOMサポートもご用意してあります。ZOOMサポートのみ事前予約をお願いしております。

よくある質問

Q1:

LINEのみの解約でクレームは
来ませんでしょうか?

はい、問題ありません。
なぜならば、2019年10月の段階でメール利用者7800万人、LINE利用者8600万人です。すでにLINEの利用者の方がメールの利用者の数を超えています。弊社の調べでは通販購入者のスマホとPCの購入者の割合は9:1でスマホにて商品を購入しているというデータが出ております。スマホ購入者であればLINEを利用していないのは現在では考えられないと弊社は考えております。


Q2:

ASSの対応業務をお願いできる 会社をご紹介いただけますか?

御社の方で対応業務ができない際は、弊社認定サポート会社様をご紹介させて頂くことも可能です。 その際はお気軽にご連絡くださいませ。


Q3:

03番号やフリーダイヤルから
切り替えることは可能ですか?

はい、可能です。 自動アナウンスで新しい番号の案内をする、もしくは既存の番号から転送をかけるという形をみなさまとっています。


Q4:

申込から実際の運用開始まで
どれくらいですか?

最短で20営業日になります。
今までで一番早くても15営業日でした。

トピックス

2020.4.1

クライアント様のクオリティー担保のために毎月のお申込社数50社限定に致しました。


2020.3.31

正式にリリースを開始致しました。


2020.2.7

プレリリース開始、クローズにて取引クライアント様に導入致しました。


転売を阻止し継続率を上げ、
毎月のコールセンター費用を削減する、
最新のサポートセンターを提案いたします。

無料相談する    
先週だけで27社が無料相談をしました
お急ぎください!今月のお申し込みは残り39社様です!

ご質問があればお電話ください。
03-6427-8636
平日:10:00~18:00(土日祝日休み)